投稿日:

学生でも申し込むことができるクレジットカードについて

クレジットカードの利用を申し込もうとした場合、利用申し込み資格として、満18歳以上で安定した収入があることが条件になっている場合が多いです。クレジットカードを利用してショッピングすると、その商品代金はカード会社が一時的に立て替える形になります。あくまでも立て替えてもらっているだけですから、本来であればお店に支払うべきだったお金を、後からカード会社に支払わなくてはならなくなります。

現金を借りるキャッシングとは形が異なりますが、一種の借金であることには違いありません。ですので、利用を申し込む人に支払い能力の存在が要求されるのはごく当然のことであると言えます。一般的には定職に就いている社会人が利用申し込みをすることができることになるわけですが、学生であっても利用申し込みができるようになっているクレジットカードも数多く存在します。学生向けのカードの場合、ショッピング利用限度額やキャッシング可能額が低めに設定されているのが普通ですが、年会費無料などの特典が付加されている場合が多いです。

クレジットカード会社としては、年会費を無料にしたり、ポイント還元率を高めにするなどの特権を与えることで、学生のうちから自社のカードに慣れ親しんでもらい、社会人になった後でも継続的に利用してもらおうという目的があります。その時点で多少の損を出しても将来的に儲けることができればオーケーですから、どの会社の学生カードも非常に有利な特典が付いています。ETCカードもその一つです。なので、利用するメリットはかなり高いと言うことができます。

セゾンカードのETC:申込み前にチェックしたい3つの事:審査時間とおすすめの種類

 

オススメETCカードとは

車をよく運転するという場合、ETCカードを作っておくと便利なのですが、ETCカードというのはさまざまな会社から提供されているので、どこで作ったら良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。そこでオススメなのが楽天ETCカードやセゾンカードのETCであり、一般的なETCカードに比べて高いポイント還元率が魅力となっています。

ここでは楽天ETCについてご説明すると、一般的なETCカードの場合は、還元率が0.5%程度となっているのですが、楽天ETCカードなら1%の還元率となっていますし、ちょっとした車の利用でもポイントが貯まるという魅力があります。さらに溜まったポイントは楽天市場での買い物に使うこともでき、新規入会でボーナスポイントを貰うことができるのです。このカードなら100円ごとにポイントが付きますし、楽天市場で買い物すればいつでも2%、さらに週末なら3%ものポイントが付きます。

また、カード自体の入会金・年会費は無料となっており、ETCカード年会費としては525円かかりますが、楽天プレミアムカード・プラチナ会員の場合は無料です。審査や申し込み手続きはインターネット上からすることができますし、申し込んでから1週間程度で作られるため、すぐに利用することができるのです。楽天市場でよく買い物をするという人は作っておいて損はありませんし、持っていないと逆に損をしてしまうかもしれません。楽天ETCカードを作りたいと考えているなら、楽天のサイトを訪問すると良いでしょう。